So-net無料ブログ作成

mottainai!手彫り印章=エコ(^-^)

「はんこのエコって何だろう?」


こんにちは、ボクつま。です。(^^)


台風にて、きみ。の学校の部活動も昨日はお休みでした。

本日は台風っぽい風の中、部活へ行くきみ。(うちの子)を見送る私。 

「がんばれー」


今の小中学校等では、環境をテーマにした授業が多いようです。


環境を守る エコ ですね(^^)


神尾印房では職場見学、体験を受け入れているので、たまに聞かれるのです。


「環境に配慮していることは、何ですか??」


そんな時、職人が答えるのは


『手彫り印章つくり自体が、エコである』


という見方。


現代は、早く安くが当たり前な時代・・・


明日来る!!


何だったら、今日も来るか?!!(>。<)ぐらいな勢い。


そりゃあもう、早い早いっ。


配送業の方の悲鳴が聞こえます。。(--;)


わーすごい便利!!で、もちろん助かります(^^)が・・・


エコか??と言われると、うーーん。


このスピード感、手で書き手で彫る、手彫り印章は、

全く弱い。。


やはり機械と違い、彫り始めるまでの準備が必要なのです。


機械彫りの、PCフォントでピピッと字を入れる作業と


手彫り印章の「手で書く字入れ」は全く別物です。


コラム用写真(手書き作業).JPG


印章職人が、その印章を持たれる方のお名前の字の字源から調べ


その組み合わせの美しさ


印を持たれる方の雰囲気


年齢や性別


様々なことを考慮し、思索し


一本の印章に筆で字を書き入れる


早いだけの印章にはない、作り手の魂が宿る。


その一本を大切に彫る姿勢こそ、


天然資源である印章素材を大事にする


=環境保護である。


貴重な資源を無駄にせず、

大事な一生ものをお作りする。


時代の流れで、天然資源は減り、手の届かない存在になるかもしれない。


その時、技術があれば、不要になった天然印材を彫り直す(改刻)という道もある。


それもエコのひとつ。


もったいない精神をもっと、はんこにも。


早い安いの大量消費の印章作りを、もう一度見直してみませんか?


それが技術が生み出す手彫りのエコ。


現在お持ちの印材への彫りなおしは、随時受付中です(^-^)

(彫りなおしは水牛、象牙等が適しています。)


想い入れのある親しい方の印材を、もう一度彫るという選択も素敵です。


昔の貴重な印材や、先人の彫り師たちの仕事に出会える、この改刻作業。


ボク。にとっても嬉しい勉強になる機会ですね^^


手彫り=エコ。


もはや、標準です。(^-^)V

                                      BY ボクつま。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る