So-net無料ブログ作成

親子で50kmウォークへ挑戦。<前編>そこにはあの江戸時代があった(^0^)


「50kmなんて、そもそもなんで歩くの?」


そこに道があるから・・・


いやいや^0^


三浦太鼓店さん主催の50kmウオークに、参加しているからです^^



こんにちは、ボクつま。です(^-^)


ボク。ときみ。(上の子)が毎年参加させて頂き、今回で3回目。


なんと今年は、ボクつま。ともうひとりのきみ。が初参加!!


毎年、ボク。がきみ。(長男ね)と、過去2年参加して完歩した、あの50kmウオーク。


今年は、ボクつま。率いる(?) きみ。 と もうひとりのきみ。(下の子)の母子3名での参加です(^ー^)


不安はなかったのか??と問われれば、



ええ言わずと知れたこと。




勿論、 大いに不安でしたとも(><)


なにしろ、産後の体の変化や、子育て家事とお仕事に追われ、

ただでさえインドアなのに、運動なんてしたことありませんよ状態。  


その上、私が歩けなくなったら、上の子は一人で歩くの?危ないよね~それ。

迷ったらどうする?変な敵が現れたら(?)などなど


しかも今年から、途中で時間制限があり

17時に最終ポイント通過できなければ、強制終了というルールが・・・


通過できる気がしない・・・(-0=ぼそっ)


そんなこんなで、当日朝は来た。


P_20180422_045234.jpg

<夜明けの岡崎城に集合。気分は三河武士。>



本当は5時半受付なのに、ボク。が消防団練習に行くため、AM4時40に到着する私たち。



もちろん、一番乗り(^^)



岡崎城龍城神社にてご祈祷を受けて、


さあ、スタート!!!


ハイペースで滝山寺を目指すこどもたち・・・


最初から ばてる ボクつま。



P_20180422_080503.jpg


「歩こう~歩こう~私は元気~歩くの大好き~♪」


と、もうひとりのきみ。が歌う



P_20180422_080531.jpg

<10km地点の滝山寺の仁王門>



P_20180422_090000.jpg

<滝山寺の裏のお山に分け入るコース>



まさに非日常の世界



神秘的な美しい緑とせせらぎ 山鳥と蛙の声



そこから出ると小さな田んぼに、野生の藤の花が満開



「うわーっすごおーいい!!来てよかったあ~~~>0<」



と心底、感慨にふける私。



P_20180422_113232.jpg


が、ほどなく・・自然の厳しさを味わうことになる・・・



山=平坦ではない



それだけ・・・(-0-)



ええ、基本、徒歩の江戸時代の人なら当たり前のはなし



上り坂を延々と登る、登る、登る。。。。。。



上りきった先に、25km地点(折り返し地点)の柴田酒造さんがあるのです・・・



アーメン




●第一の難所 自然の坂道




そこでもうほぼグロッキー状態、の私を置いて二人で先に行くきみ。達。



母は、しかと成長を見届けました(0-0)パタリ



そして結果、三浦太鼓店5代目(御年62歳)の健脚についていったのは、きみ。(長男)のみ・・・



もうひとりのきみ。(下の子)は、私とふたり とぼとぼ坂を登ることに・・・



そして10時過ぎに皆から出だした言葉は



「あっつーーーーーーーいい!!(>0<;)」





●第2の難所 季節外れの暑さ(水分)



この日は、本当に暑かった!!



ボク。の忠告「道中はトイレがあんまりないから、水分は考えて飲め」



の禁を途中で破り、水分をがぶがぶ飲みすることに!!-0-



江戸の旅人は、歩きで、水分補給、天候、道のりを選ぶのも大変だったんだなあ~



「えーと、助さん、次の宿場はあ・・・」



みたいな、時代劇 「水戸黄門」の旅シーンを連想しつつ・・・^^



頼れる助さん、角さんとは違う、方向音痴極まりない私は、

皆様に頼り、聞きまくりなのです・・(ありがとうございました!!涙)



やっとのことで、たどり着いたお昼休憩(柴田酒造様)地点



おにぎり、水分、トイレ、美味しい冷たいお水・・・



まさに江戸の道中の茶屋のよう。

(甘酒、飲みたかったーー><残念)



(疲労困憊の為、写真ありません・・・ふがいない母を許せ><)



P_20180422_122847.jpg

<炎天下、道は続くよ。どこまでも>



この地点で追いつけた三浦太鼓5代目と きみ。と、また出発!!


なんとなんと、ここからはえんえん下りロード!!



足が進んで軽やか~^^



と、みんなで楽しく歩いていたのですが、


な なんと、下っても下っても、また下る・・・

(行きの逆なわけ)




●第3の難所 魔の下り坂



「足が痛い。小指が・・・」と不吉なことを言い出す、もう一人のきみ。


実は、私も同じことを感じていた。


「下りは足に来る」


そんな常識も忘れていた、車中心の便利な現代社会・・・


遅れだす娘に付き添う私・・・


いつしか、先に見えていた三浦の5代目と、きみ。の影は消え・・・



「5代目、かたじけない。我が長男を何卒お頼み申す!」(ぐふっ)



と心中で祈るばかりに・・・(本当にありがとうございます!!)



この頃から(いやずっと)、リタイアしようか。。。と弱気との戦いが始まる




●第4の難所 いつ諦めるか(リタイアの誘惑)



もう無理かなあ。暑いしなあ。。


娘は動かないし・・・


足も痛いし


腰も背中も痛いし


年だし(ん?)


暑すぎるし


メイクもはげるし(んだんだ)


娘、また座ってるし・・・



・・・・・・



「無理しないで!いつでも迎えにきますから^^」


というスタッフさんの優しい声かけ・・・に


「そうしよっかなあ~~^0^」と思う私


人は弱い生き物です。



でも、何かが自分を鼓舞するのも事実。


「いや、どうせなら歩き通したい!!」



・・・・・


山道を越えて人里に出る


下り坂から逃れてほっとする反面、樹木がなく暑い(=。=;)



誰が木を切った~!!と、映画「もののけ姫」のおっこと主様ばりに(?)

悲しみながらも・・・歩く、歩く、歩く



隣を通りすぎる車をうらやんでみたり・・・


一緒に歩く下の子は、日陰の度に座り込み作戦を決行するし



「神よ。迷える私たちは17時までに約束の地(どこか分かってない中継点)にたどりつけますか??」



なーーんて思っていたら



神ならぬ神尾(ボク。)から電話が・・・(^0^



ボク。「消防の練習と会合終わった。今どこーー?」



ボクつま。「ん~わからん」



そんな会話が繰り返され・・・次第に現実味を帯びる、強制終了時間・・・



「 間に合わない??? 」




・・・・・・・・




まさかの後編に続く(^。^)


→to be continued・・・





BY ボクつま。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。